自分の死に方は自分で選ぼうと思っている『自殺学入門』

書評総合
問題:自殺のリスクが大きいのは、AとBのどちらか?AB男女未婚、離別、死別既婚内向的外交的無職、収入無し有職、収入あり容易に想像がつくが、『自殺学入門』によると、結婚して収入のある女性よりも、無職で離婚した男性の方が、より自殺率が高いという。さらに、太平洋・瀬戸内海沿岸よりも、日本海側平野部よりも、山間部日照時間が短く、積雪が多い地域の方が、自殺率が高くなるという。注意すべきは因果ではなく相関の関係にある点だ。山間部で積雪が多い地域だと、他者の支援や病院に行く必要があっても、そのコストが大きいだろうし、人口が少ないことから、福祉などの社会資源に乏しいことは明白だ。また、パートナーと別れる場合の自殺リスクも、男女で差が出てくる。離婚であれ死別であれ、配偶者を失ってより大きなダメージを受け、自殺リスクになるのは男だというのだ。一方で、自殺未遂は圧倒的に女が多いという。これは、男の方が、自分の身体にダメージを与える能力が高いというのと、男の方がためらわず、より致死的な方法を選ぶ傾向にあるからだという。どんな人が、何をきっかけとして、どういった方法で、自殺を試み、どれくらい上手くいくのか―――『自殺学入門』は、容赦なく分析してゆく。そもそも自殺は「悪い」のか自殺に関する書籍はたくさんあるが、本書はかなり変わっている。ふつうは、精神科医が執筆し、ヒューマニティの立場から自殺を予防し、早期に気づいてケアすることを目的とした、「温かい」自殺学になる。「死にたい」と悩む人や、その周囲の人の心に寄り添うような書きっぷりだ。だが、本書は、心理学者である著者自身が、「冷たい」自殺学だと述べている。「

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました