『エレホン』(新潮社) – 著者: サミュエル・バトラー – 堀江 敏幸による書評

書評総合

『エレホン』(新潮社) 著者:サミュエル・バトラー
150年の時超え響く、格差社会への警鐘
本書『エレホン』は、一八七二年にイギリスで刊行された小説である。当初は匿名で、作者がサミュエル・バトラーという若い書き手だと明かされたのは翌年のことだ。エレホンとは、どこでもない場所、すなわちユートピアに転じるnowhereのアナグラムである。作中に登場する国の名だが、原語をほぼ逆さまにした文字の並びになっているので、意味的にも反対になることが想像される。語り手の「わたし」は、ある事情からイギリスの植民地に赴き、牧畜に適した未開の地を探して投資し、金儲けを企む。作品全体がその試みから戻った彼の手記の体裁をとっており、しかもこの本で起業のための援助を仰ごうという意図が語られている。アイデアを盗まれて競合者に先手を取られないよう、場所を具体的に記さないとする但し書きじたいがすでに皮肉である。ヨーロッパ人が入植し、開拓を進めていたある土地に語り手が到着するのは一八六八年の終わり、二十二歳のときだった。牧場で働いたのち、あらたな農地にできる土地を探すべく、二年後、現地の助手をひとり連れて出発する。ところが助手は大山脈を越える途中で引き返してしまったため、語り手はひとり過酷な山越えをする羽目になる。このあたりは山岳小説ともいうべき鮮やかな描写がつづいて飽きさせない。彼が見出したのは、エレホンという驚くべき国だった。短期間で言語を習得し、住民たちと自由に話せるようになるにつれ、エレホンの文化がいかに奇妙なものであるかが、戦慄とともに明らかになってくる。人々は美しく、善意にあふれ、折り目正しい。みな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました