ゆるマン

書評総合


・ゆるマン
・がちょん次郎
・Amazon Services International, Inc.
 誰ですか? このタイトルから、ヘンな想像をした人は。このマンとは麻雀のこと。要するにゆるゆると麻雀を討ついうことだ。そしてこの漫画は、麻雀部の朝練の様子を描いたもの。麻雀部員はJCかJKかは分からないが、女子が4人。
 麻雀で勝つにはウンが必要と、彼女たちがやったことは文字通りウンをつけること。一人は、カラスのウンを頭に着けたまま、この朝練に参加する。その子が絶好調なので、他の子もあの手この手でウンをつけようとする。一人は朝の愛犬との散歩で、ワンコのひねり出したものを、ツインテールにぶら下げる。一人は優雅にコーヒーを飲んでいると思いきや、なんとそのコーヒーはコピ・ルアク。
 知っている人は知っていると思うが、コピ・ルアクはジャコウネコの糞から未消化のコーヒー豆が材料だ。要するにウンを直に体内に取り込んだのである。
 みんながウンの効果があることを目にした部長、何をしたかというと、トイレでパンツを下ろさずに出すこと(何を)。さすがにこれには他の部員は引いていたようだ。
 キャラは可愛らしいのだが、やっていることは爆笑もの。よくこんな話を思いつくものだと感心してしまう。でもウンを出したパンツは替えた方がいいと思う。


Source: 総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました