『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』(中央公論社) – 著者: 櫻井 よしこ – 猪瀬 直樹による書評

書評総合

『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』(中央公論社) 著者:櫻井 よしこ
千人超す被害、実証的に追及
エイズウィルスに汚染された血液がアメリカから輸入され、日本の血友病患者のじつに四割強、一千八百人が罹病(りびょう)した。厚生省と製薬会社が危険を承知で血友病の患者に輸入血液製剤を供給していたとなれば、どうしてその罪が許されようか。その責任を追及する患者らは長引く裁判の間につぎつぎと倒れていく。切ない話である。世界にも例をみない特異な感染の実態が、なぜ、日本にのみ生じたのだろう?役人の無責任な意思決定の実情が明らかにされる法廷のこんなシーン。汚れた血液製剤を廃棄せずに使用すれば感染者が出るのは当然ではないかとの問いに、役人は「何人か出るかもしれないと思っていた」と、ぬけぬけと答える。日本での加熱製剤の認可がアメリカより二年四カ月も遅れたのは製薬会社の都合に合わせたからで、そのため感染しなくてよいはずの多くの患者を感染させたのだ。本書は、小気味よいほど実証的かつ断定的に結論へ向かって突き進んで行く。加熱製剤の治験の開始時期を遅らせたのは厚生省のエイズ研究班の班長だった安部英・帝京大学副学長である。裁判で証拠資料として提出されている、非加熱の血液製剤を患者に投与して陰性から陽性へと変化する時期を観察した女性助手の研究論文を示したとき、インタビューで追い詰められた安部が、思わず「私がなぜ、こういうものを書いたかと言いますとね」とホンネを述べてしまうシーンは圧巻である。彼は「ウフフフ……」と意味不明の笑い声を漏らしたり、「あなたは!」と甲高い声を出したり、動転しな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました