『誰もボクを見ていない/なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』(山寺香)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『誰もボクを見ていない/なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』山寺 香 ポプラ文庫 2020年4月5日第1刷

誰もボクを見ていない: なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか (ポプラ文庫)

「殺してでも金を借りてこい」- 母親からの執拗な脅迫により、実の祖父母を殺害。金品を奪ったとして逮捕された当時17歳の少年。取調べで明らかになったのは、少年が過ごしてきたあまりにも過酷な環境だった。「判決はどうでもいい。自分のような子がいたら救ってあげてほしい」。逮捕当初から取材にかかわる記者が、少年の犯した罪の実相に迫り、少年犯罪の背景にある闇を暴く渾身のノンフィクション。(BookLiveより)

[事件のあらまし]2014年3月29日、埼玉県川口市のアパートの一室で背中を刃物で刺された70代の老夫婦の遺体が発見された。1ヶ月後、警察は窃盗容疑で孫の少年 (当時17歳) を逮捕 (後に強盗殺人容疑などで再逮捕) した。殺害の動機については 「金目当てだった」 との供述が報じられた。

これだけなら、ままあるといえばある事件。素行の悪い不良少年が遊ぶ金ほしさに祖父母を殺してしまう。きっとそんなことだったろうと。ところが -

- この事件はその後、発生時以上の注目を集めることになった。(後略)

法廷で明らかになった少年の生い立ちは常軌を逸した過酷なものであり、中でも驚愕した事実は少年が小学5年から義務教育を受けていなかったにもかかわらず、行政機関も周囲の大人も少年を救い出すことがないまま事件に追い込まれていったことだった。さらに少年は住民票を残したまま転

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました