『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6刷

入らずの森 (祥伝社文庫)

陰惨な歴史が残る四国山中の集落・尾峨に赴任した中学教師・金沢には、競技中の事故で陸上を諦めた疵があった。彼の教え子になった金髪の転校生・杏奈には、田舎を嫌う根深い鬱屈が。一方、疎外感に苛まれるIターン就農者・松岡は、そんな杏奈を苦々しく見ていた。一見、無関係な三人。だが、彼らが平家の落人伝説も残る不入森で交錯した時、地の底で何かが蠢き始める・・・・・・・。(祥伝社文庫)

プロローグ (全文)

それは常闇から浮かび上がった。茫洋たる海の中をたゆたうように空ろな仮眠はとぎれ、つながり、また続く。小さな萌しがそれを揺り動かす。まぼろしの世界の中のたったひとつの生々しいもの - 飢餓。それは飢えていた。

森の底 - 土の中。湿潤で寒々しいその場所で、それははっきりと覚醒する。岸を打つ波のような原初のリズムにしばらく身をまかせた後、それは動きだす。模糊とした形象のまま森の底を這い進む。霧が屍衣のようにそれを覆っている。やがて明るく開けた場所に到達する。振動が伝わってきた。何かが近寄ってくる。生体が生み出す一定のリズムを感じ取って、それは頭をもたげた。時がきたのだ。それは身を凝らせる。何かがすぐそばにやって来た。

明るい林の中で少女は立ち止まった。金色に染めた髪の毛に木洩れ日が降り注ぐ。何十本もの榾木がお互いに寄りかかるように組まれたその間。何かが腐乱する直前の、甘く爛れた匂いが漂っている。少女は時折腰をかがめては、そこに生えたシイタケを摘み取って、手元の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました