ワークハック大全 仕事がサクサク終わってラクになれる科学的メソッド

書評総合
「午前中の修道士モード」で、仕事に集中できる時間をつくる
オープンスペース型のオフィスは、社員とのつながりを深めるには都合がいいが、集中しにくく作業には向いていないというジレンマを抱えている。研究によればオープンスペースに切り替えることで、社員同士がやりとりするメールの数は56%増加し、対面でのやりとりは1/3に減少した。仕事に集中しにくくなったことで生じた不満により、従業員間で相手に要求することが増え、人間関係は悪化したのだ。
オープンスペースのメリットを支持する研究結果は少ない。オープンスペースのオフィスで働く人は、近くに同僚が少数しかいないオフィスで働く人よりも病欠日数がはるかに多くなる。また、同僚から気軽に質問されるなどの要因で、平均して3分ごとに仕事への集中力を妨げられている。集中を妨げられてばかりいると、人は身を入れて仕事ができないという感覚を強く覚えるようになる。これは自己肯定感に悪影響を与える。人が仕事に満足感を覚えるのは「進捗を実感している時」である。
 
起業家には、「午前中の修道士モード」と呼ぶものを実践している人が多い。午前中は各自が静かに仕事に集中し、他人と関わる仕事は午後に回す、というアプローチを会社全体で採用しているケースも多い。職場で幸福感と充実感を高めるための方法が「大切な仕事をしていると実感すること」ならば、週2回、3時間ほど誰にも邪魔されずに静かな環境で仕事に集中できるように工夫してみるとよい。
 
「せっかち病」をなくす
現代では、何もしないことは、風変わりで非生産的な行為だと思われている。世の中には刺激が満ちあふれ、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました