『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭 角川ホラー文庫 2020年9月25日初版

小説 ドラマ恐怖新聞 (角川ホラー文庫)

東海テレビ・フジテレビ系全国ネット 「オトナの土ドラ」 初のホラー ドラマ「恐怖新聞」 を完全ノベライズ!

恐怖新聞とは、未来に起こるありとあらゆる災厄を予言するもの。1日読むごとに、100日ずつ寿命が縮んでしまう。京都市内の大学に通う小野田詩弦(しづる) の下に届いたのは、様々な事件や事故を予言する恐怖新聞。詩弦は未来を変えようと奮闘するが、新聞を1度受け取るごとに100日ずつ寿命が縮まることを知り困惑する。自分を守るため、恐怖新聞の次なる契約者を探すも死へのカウントダウンは止まらない。悪夢のような毎日が続き彼女の日常が崩れ始めた時、さらなる壁が立ちはだかる。つのだじろうの名作を実写化したドラマを完全ノベライズ! (角川ホラー文庫)

世界が再び歪む。翻弄される意識の中で、詩弦はその声を聞いた。「シズが跡形なく消え去った後、時折、不吉な凶事を記した紙が道端で見つかるようになった・・・・・・・」聞き覚えがある。これはあの吊り目の青年、鬼形礼の声だ。「告げられた凶事は必ず起こる。そして、紙を拾った者は、寿命が百日減る。そんな噂を人々は耳にした・・・・・・・」ゆらゆらと虚空を漂う詩弦の意識に、直接語りかけてくる。「件が寿命を集めているのだ。いつか、この世に生まれてくるために・・・・・・・」そうして、青年の言葉が進むにつれて、歪んだ世界がまたも形を取り戻していった。

「ここは

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました