「髭と猫耳」周藤蓮 星海社FICTIONS

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは周藤蓮さんの「髭と猫耳」です!ストーリー A内容は、獣種と呼ばれる人体に獣の性質が発現する現象が広まった世界。獣種を持つ人々はそれ以外の人々から差別されながら生きていた。猫の形質を持つエミリアは学院に通う18歳の少女。卒業単位を全て取得したことをきっかけに自分探しの旅に出ることに。屈強な髭執事のロイドと共にまだ知らない世界を見て回る…精霊や怨霊と出会い、獣種が迫害されるのを目にしながらエミリアはなにを思い旅をするのか…とこんな感じです!〜猫耳令嬢は屈強執事と旅に出る〜周藤蓮さんの新作!電撃文庫以外からは初めての作品になりますね!令嬢にしてはちょっとかなり落ち着きのないエミリアと屈強で髭がクールなロイドの旅を存分に楽しませていただきました!面白かったです!学院卒業に必要な単位を2年間で全て取得し、自分探しの旅を始めたエミリア。そしてそのお供のロイド。2人は旅先で様々な現象や魅力的な人々に出会いながら旅をします。まずなんといっても文章ですよね…周藤さんの文章は電撃文庫から発売されている2シリーズもそうなんですけど、とにかく巧みという表現がぴったりなんですよ…野宿をするという描写一つにとってもリアリティがありながら、かつ生の人間がそこにいるかのような臨場感があり、自然を感じる質感がある。流石の文章でとにかくどんどん読ませてくれます。エミリアとロイドの旅はとにかくハードでしたね。旅の始めには精霊関連の事件い巻きこまれ、たまたま出会った学院の知り合いに巻きこまれて?遺

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました