一茶「七番日記」(上)を読む(7)

小説の書評と感想
 岩波文庫の一茶「七番日記」(上)より、7回め、しまいの紹介をする。 同(6)は、今月11日の記事にアップした。
 今回は、文化10年7月~12月(閏11月あり)、387ページ~439ページ、53ページを読んだ。 年末に、383日・在庵75日、年尾・1123句、と記した。 定住した北信濃は住み心地が良かったらしく、夏の涼むともなく、山霧の抜ける座敷、冬の炭火などを吟じている。 51歳での独身を嘆くが、翌年、文化11年には52歳で初めて妻を迎えた。 以下に5句を引く。涼(すずみ)をばし(知)らで仕廻(しまひ)しことし哉膳先(ぜんさき)は葎雫(むぐらしづく)や野分吹(ふく)汁鍋にむしり込(こん)だり菊の花福豆も福茶も只の一人哉行(ゆく)としや何をいぢむぢ夕千鳥写真ACより、「コチドリ」の写真1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました