よく考えてから、書く 9

絵本の書評と感想

JUGEMテーマ:メディアリテラシー


 

10月10日の続きです。

 

ここで、あらためて「気軽な情報発信」って、どんなだろうと思う。

昔でいうなら、学校の帰り道に友だちどうしの他愛ないおしゃべりとか、主婦どうしの安売り情報の交換とか? 

 

少なくとも、身内の小さな人間関係の範囲でのおしゃべりや情報交換だと、Tote は思う。つまりは、プライベートなお話といったところ。

 

それなら、つぶやき=ひとりごと なんて、非常にプライベートなものですよ。

Tote は、自分のついうっかり口から出たようなひとりごとなんて、ごく近しい人にしか聞かれたくない。

 

(まあ、わざとひとりごとぽく一定の人たちに向けてつぶやいて、問題提起をしたり影響力を発揮する方法もあるけど、それにはベテランジャーナリスト並みのかなり高度なコミュニケーションの技が必要で、Tote 自身できないし、あまり人にもおすすめしません。)

 

ひとりごとをワールドワイドに向けて…、というのが、いまの、SNSの時代における情報発信のひとつの方法なのだろうか?

 

そもそも、ひとりごとやプライベートなお話って、情報か?

 

続きます。

 

 







Source: 絵本5

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました