『音楽のレッスン』(河出書房新社) – 著者: パスカル・キニャール – 豊崎 由美による書評

書評総合

『音楽のレッスン』(河出書房新社) 著者:パスカル・キニャール
音楽がテーマだったり、大切な小道具として扱われている小説は多々ある。たとえば、ルイス・シャイナー『グリンプス』(創元SF文庫)。人生に行き詰まった中年男が、六十年代に過ごした挫折の日々を思い返すうちに、当時様々な理由から未完に終わったジミ・ヘンドリックスやビーチ・ボーイズなどの楽曲の完成版を作る特異な能力に目覚め、幻のアルバムの音作りのために六十年代にタイムトリップする――というロックファンなら随喜の涙を流す傑作SFなのだ。でも、音楽を扱った優れた小説は数あれど、音楽そのものを描ききっている小説は滅多にない。パスカル・キニャールの作品はその希有な例だ。自身、チェロをたしなむこの作家が書く作品のほとんどは、直接手に触れることができない音、そのとらえ難さと美しさのイメージを作品世界の通奏低音として響かせている。それを綴る文章の明晰さ、美しさがまた格別。楽譜に記されたただの記号が、歌われることで、奏でられることで、たえなる調べと化すかのようにキニャールは音楽を文字化するのだ。映画化されたことでポピュラーになった『めぐり逢う朝』(早川書房)、自分の分身であることを匂わせるバロック音楽家を語り手にした『ヴュルテンベルクのサロン』(早川書房)等々、キニャールの作品を読むたびに、わたしはピアニストのポゴレリチやヴァイオリニストのクレーメルといった、クラシック奏者たちの名演を思い返さずにはいられない。『音楽のレッスン』はそんな作品群の中でも、とびきり難解で、とびきり美しい一冊だ。声変わりというボーイソプラノと幼年期の喪失に関する

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました