俵万智・歌集「未来のサイズ」を読む

小説の書評と感想
 俵万智の最新・第6歌集「未来のサイズ」を読み了える。僕は彼女の歌集を、すべて読んで来た筈である。 入手は、今月10日の記事、届いた2冊を紹介しする(17)にアップした。入手の経緯は、リンクを参照してください。
 2020年9月30日、角川書店・刊。418首、著者・あとがきを収める。 全体は3章より成り、Ⅰ 2020年はコロナ禍の現在を、Ⅱ 2013年~2016年は石垣島時代を、Ⅲ 2016年~2019年は宮崎県での、詠んだ歌となる。 Ⅰでは、コロナ禍を怖れつつ、自粛期間を楽しもうとする歌がある。以下に2首を引く。朝ごとの検温をして二週間前の自分を確かめているほめかたが進化しており「カフェ飯か! オレにはもったいないレベルだな」 Ⅱでは、大事な人の見送り、島での心豊かな生活、社会への嘆きに似た怒り、などを詠む。以下に2首を引く。見送りは心ですますと決めたから畑にニラを摘む昼下がりどこんちのものかわからぬタッパーがいつもいくつもある台所 Ⅲでは、宮崎県に移り、中学校の男子寮に入った息子、ホームの父母、父親となった弟らに気を配る。以下に2首を引く。日に四度電話をかけてくる日あり息子の声を嗅ぐように聴く草食系男子となりし弟がそこそこ進むイクメンの道 なおこの歌集には、社会批判・政治批判を詠んだ歌があるが、僕の希望としては、散文で展開してもらいたい。 

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました