[読書ノート]帰郷

書評総合


著者:浅田 次郎  出版社:集英社  2016年6月刊  ,512(税込)  252P

    ご購入は、こちらから

太平洋戦争が終わって71年。
戦争の語り部は年々少なくなっていく。

「戦争を知らない世代」という言葉も古くなってしまったが、戦争が庶民の日常を破壊してしまうということは、肌感覚で伝えていかなければならないと思う。

今日の一冊は、戦場に行った男たちの生と死をテーマにした連作短編集を取りあげる。


著者の浅田次郎氏はよく知られた作家なので、プロフィールは省略する。

収録されている6編の小説はいずれも「小説すばる」に掲載されたもので、主人公はすべて出征兵士である。
一人ひとり事情と境遇はちがっているが、ふるさとに家族を残し、後ろ髪をひかれながら徴兵された。

彼らを待っていたのは、激烈な戦場だ。

マリアナのテニアン島、ニューギニア、フィリピンのレイテ島、パプアニューギニアのブーゲンビル島、太平洋の海底……。

日本から数千キロもはなれ、故郷と家族を思いながら死んでいく兵士もいれば、激戦をかいくぐって生き残り、故郷をめざす者もいる。

男たちに共通しているのは、戦争のおかげで家族とふるさとから引き裂かれてしまった、ということ。

静かな哀しみにみちた6編の中から、2編目の「鉄の沈黙」のあらすじを紹介させてもらう。


主人公の清田吾市は大学の工学部を出たあと、大阪の造兵廠(ぞうへいしょう:軍隊直属の工場)に勤務する技術者だった。

応召して南方戦線に送られ、パラオ、ラバウル、ニューブリテン島のツルブを経て、段列(後方支援

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました