カルチャーモデル 最高の組織文化のつくり方

書評総合
カルチャーを言語化せよ
社員にとって「いい会社」とは極めて主観的な概念であり、普遍的に誰にとっても「いい会社」というわけではない。あくまで個人の主観として、自分の期待する通りの環境であれば「いい会社」だと捉える。つまり、社員が期待する環境と、会社が提供する環境のギャップが少ない会社を「いい会社」と定義できる。
「いい会社」であるために重要なのは「適切な期待値を設定する」ことである。意思決定や情報共有の方法、権限委譲の度合い、残業の有無、働き方、コミュニケーションなど、業務遂行上のやり取りや環境、社内外で感じられる雰囲気や空気感のすべて、「組織文化」や「企業風土」と呼ばれるものが、社員の期待値とズレないように設定されていることが大切である。
 
「組織文化」や「企業風土」は、多くの場合きちんと明文化されていない。そのため、新しく社員を採用しても、エンゲージメントの低下や離職につながる。こうした不幸を生み出さないためには、企業と社員の期待値ギャップを減らし、誰もが自分にとって「いい会社」を見つけられる「カルチャーモデル」を推進すべきである。
 
ビジョン・ミッション・バリューからカルチャーが作られる
企業のカルチャーは意識しようとしまいと、私たちの日々の意思決定に影響を与えている。企業のカルチャーには、創業以来、経営者や歴代の社員が企業活動を行う中で、受け継がれてきた価値観や文化、行動規範が「カルチャー」として醸成される場合の他、企業が明確な意志や方向性を持って、意図的に作り出すことができる。
経営者や組織が目指したい方向性、あるべき姿などに基づき、ビジョン・ミ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました