『食べることと出すこと』想像しようという努力、想像できるという傲慢

書評総合
本書は、単に「難病患者の苦労話」ではない。当事者として丁寧に事実を積み上げてこそ見えてきた、私たちの社会のあり方への、大事な視点の提示である。
私自身、いままで無自覚に放ってきた言葉の数々について、一旦、立ち止まって考えざるをえないなと感じている。
Source: HONZ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました