『全体主義の克服』「現代の全体主義」に立ち向かう二人の哲学者

書評総合
本書は、マルクス・ガブリエルと中島隆博という、ドイツと日本を代表する哲学の泰斗が、これまでとは全く異なる視点で哲学のあり方を論じた新しい啓蒙書である。
Source: HONZ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました