京都なぞとき四季報 古書と誤解と銀河鉄道/円居挽

書評総合
◆本の内容(amazon.co.jpより引用)街歩きサークルの遠近倫人は、幻の古書を探すため、古本市でバイトを始めるが、不可解な万引き騒動に巻き込まれてしまう。そんな中、恋い焦がれる謎好き女子・青河幸の態度が急によそよそしくなり…。下鴨神社、鉄道博物館、時代祭…神出鬼没の謎解きバー「三号館」の妖艶な女マスターのヒントを頼りに、倫人はこじれた恋と謎に結論を出すことができるのか?青春の輝きと謎が夜空に舞う、京都ご当地ミステリー、第2弾。◆感想 『京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ』の続編です。 安楽椅子探偵ものの日常の謎系連作短編ミステリーですが、 キャラ物としての色が強くなってきました。 登場人物の関係性をつかめていた方が楽しめるので できれば刊行順に読んであげてください。 全体的には、良い意味で癖がなくて楽しめました。 残念ながら三作目はまだ出ていないようですが、 もし発売されたら読んでみようと思います。◆お気に入り度 星3つ:★★★◆日記とか雑談とか さて、銀行から、通帳を発行しない口座への切り替え案内が来ました。 ……が、いまいち利用者側のメリットが分からなかったりします(--ゞ 今は通帳ありの口座なのですが、普通にインターネットで残高照会できますし、 振込は別の銀行口座でやっているので不便がありません。 銀行として通帳を廃止したいのは分かります。 通帳を発行したり印字したり、いろいろとコストがかかるでしょうからね。 ただ、利用者側のメリットが、ほとんどなくない(--? 特に、通帳なしのメリットとしてあげられがちな 「記帳や繰り越しの手間がなくなる」と「通帳を紛失

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました