自動車の駐車は恐ろしい

小説の書評と感想
自動車の運転は難しいよね。なかでも駐車は難易度が高い!  リブログ記事。 駐車場から脱出するのに失敗してとなりの高級車にぶつけるという痛恨のミス……運転したくなくなるの、わかる……!  ダンナさんが怖がってたら運転が上達しなくなるって言うのもごもっとも。 上手くなるまで努力し続けるしか、上達の道はない。逃げたらそこで試合終了。   だよね。 うん。  わかる。     だって、わたし、その流れでペーパードライバーだもーん!(もう10年くらい運転してない)      わたしがぶつけたのはポールで、自分の自動車擦っただけなんだけどさ。 半泣き。 運転ド下手だともうどっちに進んだらいいのかわかんないのよ。ハンドルをどっちに回したら右に行くのか左に行くのか、バックするときはどうだったか、わからない。 ただでさえわからないのに擦ったことで頭がパーン!てなっちゃって、パニックに陥ってるからさらに混乱してさ。 そこは当時の職場で(職場の駐車場でパニクるなよ。慣れてないのかよ。っていう基本的な問題は置いといて)事務のおじさんが助けてくれて事なきを得たんだけどね。  二進も三進もいかなくなる状況(通常の人には普通の状況)を経験し、その度に近くの大人(わたしも大人のはずだが)に運転を代わってもらい、窮地を脱出する

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました