室生犀星「ゆめの話」を読む

小説の書評と感想
 Kindle版「室生犀星作品集」より、短編小説「ゆめの話」を読み了える。 今月6日の記事、「名園の落水」に次ぐ。
 「ゆめの話」は、武士の多門が怪しげな振る舞いの女を門口で切りつけるが、姿が見えなくなる。家うちの台所で、下女のお萩が傷を受けて気絶している。介抱すると、お萩は夢で切られたという。やがてお萩は暇を取る。 夢遊病のようだが、どこまでそうなのか、わからないと作者は書く。 底本の親本、創林社「室生犀星童話全集 第3」、1978年・刊。 初出、「令女界」1924年12月号。 頼まれて書いた原稿だろうが、筆力はある。旧かなを新かなに直してあるだろう。写真ACより、「塀」の写真1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました