ミステリと言う勿れ7巻はまるごと山荘!

小説の書評と感想
久能整くんのシリーズ最新刊はまるごと山荘!雪の山荘、嵐の山荘。集まったのはミステリー好きのいわくありげな面々。「殺すのか?」「殺されるのか?」「やっぱり ころすしか ないんだろうな」5年前、仲良し夫婦の妻の転落死。妻が死んだのは事故なのか?自殺なのか?他殺なのか?殺人事件だとしたら、誰が犯人なのか?ゲームがはじまる。お芝居と嘘と真実と、事実。この7巻は面白かったなあ!これまでももちろん良かったけど、1冊として綺麗にまとまっていてよかった。星座のアレとか難しくって、謎がありすぎて、いいんだけど、頭から煙出ちゃうんだよね。整くんの幼少期がチラリとでてきたけど……ダンゴムシかー……過去編は辛そうだな。新たなる登場人物レンくんがすてき!好きだなあ。とても。『7SEEDS』の茂もだけど、明るくて無邪気っぽいけど影で努力しているっていうキャラクターを描くのがほんと上手。『BASARA』の那智とかね!(わたしも反省しなきゃいけないことだけど)対人関係に苦手意識があると「社交性がある人ってスゴイ」で思考停止しちゃうけど、その社交性はタダで手に入れたものじゃないんだよね。声をかけたり、しっかり耳を傾けたり。頭と心を相手に向けている。そして相手からちゃんと受け取ることができる。褒められたら笑顔で「ありがとう」予防線をひかずに向き合う勇気がある。  憧れる。レンくんみたいになりたい。  著者のタムタムは自分から話しかけるのが苦手だったり、話しかけられても「えっ あっ…いや ……そんな……」もごもご……っって、初期のナツみたいにモジモジしちゃう気持ちがわかるから

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました