僕が旅とセミナーを完全に止めている理由 [エッセイ]

書評総合
最近お友達と食事したりするたびにほぼ毎回言われることがある。
「たっちーさん、最近セミナー全然やってないんですか?」
「たっちーさん、最近全然旅してないですよね?」
この2つだ。
そう、実際セミナーも旅も全然していない。
単発のセミナーは2月にしたきりだし、旅も2月の金沢が最後で、それ以降は誕生日に東京に一泊しただけだけど、あれは旅とは言わない。
立花B塾も夏に終わってから次期開催も決めていないので、いまはセミナーも単発講座もまったく予定がない状態だ。
旅もいまのところ一つも予定がない。
ここまで長い期間セミナーも旅もないというのは独立以来初めてかもしれない。
なぜしなくなったのか。
最初はコロナの影響の様子を見ていたというのが正直なところ。
3月から急激に世の中は感染防止の自粛モードになっていき、4月に緊急事態宣言。
何もその時期に旅をしたりセミナーをしたりしなくても、落ち着いてからでいいかな、くらいに構えていた。
ところがセミナーも旅もせずに鎌倉に引き篭もっていたら、すごく心地良いことに気付いてきた。
毎日執筆して、運動して、料理を作って食べ、自宅のベッドでぐっすり眠る。
そしてだんだんと気付いていった。
「僕は旅とセミナーに疲れていたんだ」ということに。
そもそも僕はすごく旅が好きだった。
もちろん人前で講演するのも大好きだった。
で、「旅先に仕事を作る」ことを思い付き、日本各地でセミナーを開催したり出張個人セッションをやったり、地方で交流イベントをやったりした。
旅とセミナーがセットで仕事になった。
これは素晴らしいことだった。
だって、大好きな旅をすることがお金を生み

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました