『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷

理系。 (文春文庫)

いかに 「理系の知恵」 を 「文系の物語」 をもって適切に使い、難局を乗り越えるか。危機の先にある、大きなチャンスをどうやってものにするのか。稀代の映画プロデューサーであり、ベストセラー作家である川村元気が、最先端を走る理系人15人と対話し、その目が映す未来に迫る。これから世界と人間は、どう変わるのか? 全国民必読本。(文春文庫)

如何にも堅苦しくて小難しいビジネス本のような説明に、どうか二の足を踏まないでください。

案外楽しく読めます。誰でもよく知るあのことが、実はこんな人の仕業だったのかと。LINEや人型ロボットや宇宙について。あの有名だったテレビCMやピタゴラスイッチについて。(あなたが知らない人の) 知らないことが、山ほど書いてあります。

東京藝術大学大学院映像研究科教授 佐藤雅彦先生の話

『バザールでござーる』 のネーミングはどう生まれた?

佐藤 昔、ニューヨークへロケに行ったとき、僕はお酒を飲まないので誘われても断ってばかりなんですけど、「佐藤さん、今日行くところはすごく素敵なナイトクラブで、有名なミュージシャンを輩出したところなんですよ」 と言われて、「なんて店ですか」 と聞いたら、「CBGBってところだ」 って言うんです。そのとき、CBGBというネーミングにしびれてしまいました。川村 音感がいいですよね。佐藤 そうです。なぜいいかというと、CBGBって 「AB A´B´」 という構造をしているんです。例えば 『ぐりとぐら』 とか 『キットカ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました