「反撃のアントワネット! 「パンがないなら、もう店を襲うしかないじゃない……っ! 」 「やめろ!」 1」高樹凛 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは高樹凛さんの「反撃のアントワネット! 「パンがないなら、もう店を襲うしかないじゃない……っ! 」 「やめろ!」 1」です!ストーリー A内容は、エクスカリバー、賢者の石、偉人や魔獣といった世界中のアーティファクトが集まる街・魔法都市。そこで魔法機関員として働く雪城千早は蘇ったマリー・アントワネットと出会う。千早は彼女の臣下に任命され、現代に広まるマリー・アントワネットの汚名を返上しろと言われる。しかし千早は絶賛大ピンチ⁉︎寮の部屋が破壊されたことで住む場所なし⁉︎あてがわれたのは廃墟同然の旧寮⁉︎そして始まる超極貧生活⁉︎果たして千早はマリーの名誉を取り戻すことができるのか…とこんな感じです!〜マリーアントワネットは貧乏です〜高樹凛さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね!ハイテンションドタバタコメディとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!世界中の貴重のアイテムや偉人、魔獣が集まる魔法都市。そんな街で魔法機関員として働く千早はある日、現代に蘇ったマリー・アントワネットと出会う…マリーの登場シーンはかわいくて個人的にはめっちゃ好きでしたね!マリーは千早に運命を感じ彼を臣下にしようとしますが…千早の住む寮の部屋が爆発四散。旧寮という廃墟同然の寮に追い出されることに…こういう極貧生活へ!的な展開は鉄板ですけどやっぱり好きですね!そして始まる極貧生活!千早にマリー、そして同じく旧寮への強制引越しを余儀なくされたひかり、旧寮に住み着くゴーレムバカのク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました