光秀の選択 著者 鈴木輝一郎

小説の書評と感想
光秀の選択著者 鈴木輝一郎新たな知識を求めてこの本と出逢う。「主君はいつも自分の都合で喧嘩する」まさにその通りである。明智光秀のイメージとはかけ離れているが、コレはこれで面白い。「人は無能になるまで出世する」。歴史を通して学ぶ事は多い。だからこそわ歴史は繰り返すと言われる。教科書からでは解らない明智光秀と木下藤吉郎と織田信長のやりとりが面白い。明智光秀と木下藤吉郎と織田信長に共通するのは本音で話すと言う事ではないでしょうか?この物語では息の合う会話を楽しませてくれます。一般的なイメージは織田信長が明智光秀をいじめるイメージですね。この物語では仲良し三人組。イメージとは違う、面白い世界に導いてくれます。さらには足利義昭との駆け引き合戦があり、知らなかった世界を楽しませる。明智光秀は三日天下のイメージが強く主君を裏切り天下を横取りしたイメージ。だが、このイメージが今変わろうとしている。それもまた、楽しいもの。織田信長と足利義昭の対決により京都の焼き討ちが始まる。明智光秀の選択は?と言うのがこの物語の趣旨であるだ。歴史から学ぶことたくさんある。特にこの本から学ぶ事は人事の大切さである。組織運営の仕方、それは人事である。人事を間違えると組織が一気に崩れてしまう。だからこそ人事と言うものはとても大切なことである。それは昔も今も変わらない。歴史は繰り返すとはそういうことである。歴史は繰り返すことにより人は成長し発展していくのである。それは歴史から学ぶからである。学ばないことには成長はありえない。自分が困ったときには歴史を頼るべきである。歴史に自分が悩んでる答えがあるかもしれない。だから歴

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました