『供花』(新潮社) – 著者: 町田 康 – 高橋 源一郎による書評

書評総合

『供花』(新潮社) 著者:町田 康
貧乏、憎しみ、関西弁
町田康の『くっすん大黒』(文藝春秋)を読んだら、なんやエラい関西弁がなつかしうなった。いや、なつかしうなったんは、別に関西弁だけやないんやけどな。そや、この前「文學界」を読んどったら、新人賞の候補作がほとんど関西弁で書かれとったんや。どないなっとんねん。ほんまに、世紀末の現代文学は関西弁が支えんのか? 吉本興業はテレビに続いて、活字も支配するつもりなんやろか。そういやあ、松本人志もこの「週刊朝日」から超ベリヒット出しとったなあ。なんの話しとったっけ? おう、町田康やった。『くっすん大黒』に続いて、五年ぶりに新装版が出たばかりの『供花(くうげ)』(思潮社)を遅ればせながら読んで、これもごっつ感心したわ。こっちは詩集やけどな。町田康は日本では珍しい成功したパンクロッカーいうことになってるんやが、なんで日本でパンクロッカーが成功するのが珍しいかというとな、元々「パンクロック」いうんは階級的憎しみがベースになってるからなんや。イギリス行ったらわかるけど、あそこはめっちゃ階級社会やねん。金持ちはまだぎょうさんおるけど、貧乏人はもっとぎょうさんおってな。で、貧乏人の階級に生まれつくと、なかなか浮上できへんねん。金もない、職もない、未来もない。アホくさ。お前ら、みんな死んでまえ。そういうのがパンクやねん。別にファッションでパンクやってるわけやないねんで。そやから、中産階級ばっかりの日本でパンクやっても、ピンとけえへんねん。ほなら、貧乏で怒っとったら、パンクができるんか? 日本だって憎しみと貧乏でいっぱいやいう人はおるはずや。ところが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました