なぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか? 偏差値37のバカが見つけた必勝法

書評総合
サバンナ思考で生き残る
現代社会はいつライオンに喰われるかわからないサバンナだ。「このままじゃヤバい」という危機感を持ち続けて、1つでも多くのことに気づき、すぐに行動する。この危機回避術を「サバンナ思考」と呼んでいる。ポジティブにベストやベターを目指すのではなく、最悪のことを回避していくことを考える。危機を回避することを突き詰めていった結果、夢や目標がかなっていたりする。
 
サバンナ思考 = 危機感 × 気づき × 即行動
 
Step1:強烈な危機感を持つ
危機感がないと気づきも生まれないし、行動に移すこともできない。まだ起こっていない危機に対して、どこまでリアリティを感じられるかがポイントである。
 
Step2:1つでも多く気づく
1つでも多く気づいて、ネガティブな要因をどんどんつぶしていく。次の2つを常に考える。
変化が起こった瞬間にいかに先手を打てるか?
起こる前から回避できるか?
 
Step3:1秒でも早く行動する
気づきを大切にして、必ず何らかの行動に結びつける。最大のコツは楽しむこと。気づきと行動を積み重ねていくと、どんどん楽しくなってくる。ゲーム感覚でサバンナ思考を楽しむ。
 
サバンナ思考の最大の敵は、思考停止して変化しなくなることである。思考停止の最大の原因は固定観念である。走りながら「なぜ?」を考え続ける。日頃から考える癖をつけておけば、盲目的に従う思考から抜け出せる。
危機感を1つでも多くの気づきに変えていくには、とにかく周りを観察することである。自分を消せるほど、固定観念に左右されずに気づきを

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました