今さら人には聞けないけどとっても知りたい投資とお金のはなし わかりやすいにもホドがある! 著者 大江英樹

小説の書評と感想
今さら人には聞けないけどとっても知りたい投資とお金のはなしわかりやすいにもホドがある!著者 大江英樹新たな知識を求めてこの本と出逢う。お金についての基礎知識と言うのは本来なら若いうちから、さらに言えば子供の頃から学んでおくべきことなのです。この本はそんなお金の原理原則を書いたもので、「食べる」「増やす」「備える」「使う」と言うとてもシンプルな言葉で表現していますがいずれもお金と付き合う上で知っておいた方が良いことばかりです。まずはお金についての基礎を学んでそこから自分自身の人生に落とし込んでいきましょう。実はお金をこしらえる方法はたった3つしかありません。1.稼ぐ2.貯める3.増やす全ての原点は生活するために働いてお金を稼ぐということになってきます。稼いだお金を使わずにすなわち支出をコントロールしながら残ったお金を貯めると言うことが大切です。大事な事は投資の考え方や本質をきちんと理解しておくこと、そして投資を第一に考えるべきではないと言う事。結局お金はリスクを取らなければリターンを得ることができません。これは永遠の真実なのです。リスクなし高リターンが得るものはありません。だからこそ人はリスクを負うのです。そして先のことは誰にもわかりません。世の中うまい話はありません。これをしっかり覚えておかなければなりません。そうすれば道を間違う事は無いはずです。世の中には無駄遣いと言う言葉があります。究極の無駄遣いとは何か?全く意識しないままにとんでもない無駄遣いをしているものがあります。具体的に言えば入る必要のない保険に入って長年にわたって無駄な保険料を払い続けていたり、やたら手数料の高

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました