【雑談】天才型ラノベ作家と計算型ラノベ作家

書評総合
毎月恒例の雑談。先月軽めだったので今月は重めに。いや重くはないか。いつも通りエビデンスらしいエビデンスはないので「なんだこのクソ記事?」と思ったら適当にTwitterで反論してください。今回もとっちらかるので先に結論。ラノベ作家ものに出てくるような計算型ラノベ作家が現実にいると思うとすごいよねという感じです。ラノベ作家もので必ず出てくる(出てこない)のが天才型ラノベ作家と計算型ラノベ作家の話だと思う。最近は天才型と平凡なラノベ作家が多い?「いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら」とか「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」みたいに。個人的な計算型作家のイメージは「色々な調査をして作品を発表してヒット」天才型作家のイメージは「市場とか読者とかのリサーチをせずに好きなものを書いて作品を発表してヒット」みたいな感じ。いや実際はまったくリサーチなしに書く作家さんは少ないと思うが。あくまでイメージ。現実で計算型ラノベ作家(という言葉自体失礼かもしれないが)と言われてぱっと思いつくのが望公太さんと三河ごーすとさん。望さんは年上ヒロインブーム、三河さんはウザかわヒロインブームをラノベに生み出したムーブメントの火付け役と言っていいだろうどちらもGA文庫からの発売で、ラノベラブコメブームの一つの源流といっても過言ではないだろう。勝手な印象論にはなるが、望さんも三河さんも徹底して市場や読者の動向をリサーチして作品を書いて発表してヒット作を生み出しているように見える。いや、見えるだけで実際にはラノベ作家ものでよくあるような「好きな作品を好きなように書いて売れた」天才型作家かもしれない。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました