『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行

樽とタタン(新潮文庫)

今から三十年以上前、小学校帰りに通った喫茶店。店の隅にはコーヒー豆の大樽があり、そこがわたしの特等席だった。常連客は、樽に座るわたしに 「タタン」 とあだ名を付けた老小説家、歌舞伎役者の卵、謎の生物学者に無口な学生とクセ者揃い。学校が苦手で友達もいなかった少女時代、大人に混ざって聞いた話には沢山の “本当” と “嘘” があって・・・・・・・懐かしさと温かな驚きに包まれる喫茶店物語。(新潮文庫)

連作小説集 『樽とタタン』 は、長じて小説家となった女性が記憶の海を泳ぎながら紡ぎだした九つの物語からなる。舞台は、三歳から十二歳まで九年間住んだ小さな町の、坂下にある小さな喫茶店。”たるとたたん” の響きは、もちろんあのすばらしきフランスの郷土菓子タルト・タタンを連想させて甘酸っぱい夢を誘うのだが、その細部には小説の企みがふんだんに仕掛けられている。そもそも 「タタン」 という愛称を少女に与えたのは白い髭をたくわえた常連客の老小説家だという時点で、現実と虚構の境界は滲み始めている。名付け親、つまりタタンの生みの親は言葉によって現実と虚構を自在にあつかう手練れの小説家なのだから (その意味において、『樽とタタン』 には都合三人の小説家の目が錯綜していることになる。三人目は、もちろん著者自身だ)。しかし、そんな緻密な企てなど感じさせず、著者である中島京子さんは喫茶店の扉の向こうへ読者をするりと、いとも楽しげに誘いこむ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました