一茶「七番日記」(上)を読む(3)

小説の書評と感想
 岩波文庫の一茶「七番日記」(上)より、3回めの紹介をする。 同(2)は、先の8月30日の記事にアップした。
 今回は半年区切りでなく、文化8年正月~12月まで、135ページ~215ページの、81ページを読んだ。旧暦なので、正月に梅の花の句があったりする。 上段の日記には、社寺の催し、火事の記事が多く、信仰厚く、火事の多かった時代が、偲ばれる。 一茶は、寺社の住職の知り合いも多かったようだが、俳句を読むと熱心な信者ではなかったようだ。小鳥や虫に親しむ傾向がある。 年末の項に、「年尾四百七十二句也」とあり、多産である。文化7年は「年尾惣計六百七十九句也」とあるけれども。 以下に5句を引く。例の通(とほり)梅の元日いたしけり人のいふ法ホケ経や春の雨名月や門(かど)から直(すぐ)にしなの山腹の虫しかと押(おさ)へてけさの雪しぐるゝや軒にはぜたる梅もどき写真ACより、「梅の花」のイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました