短歌研究会C・9月歌会

小説の書評と感想
 9月10日(第2木曜日)の朝10時より、橘曙覧記念館の会議室にて、短歌研究会C・9月歌会が持たれた。 同・8月歌会は、先の8月8日の記事にアップした。
 1首出詠9名、出席者6名だった。 TFさんの1首は、「かはたれ星(明けの明星)」が新しく、そのまま。 YNさんの歌は、2句「残んの花色」を、「残んの花の」に直された。 TTさんの歌は、中句「裏作の」は「転作の」が正しいようだ。 MKさんの1首は、4句「ふたたび咲きて」を「今年も咲きて」に直された。 僕の1首は、初句「メルカリの」のみ新しく、あとは慣用句なので、別の歌を出すべきだった。 10月歌会は、懇親会を兼ねるべく、記念館での歌会のあと、喫茶店のテラスに寄ることになった。写真ACより、「カーメンテナンス」のイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました