「ぼくたちは勉強ができない18」筒井大志 ジャンプコミックス

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは筒井大志さんの「ぼくたちは勉強ができない18」です!ストーリー A内容は、大学生になった成幸と理珠。二人はクリスマスからあるゲームを続けていた。誰にも秘密のゲームを続ける二人は夏に急接近。果たして後夜祭でのジンクスは本当なのか…〜理珠編のパラレルルート!〜シリーズ第18弾!累計380万部突破と本編は終わりましたが相変わらず売れてますね!今回は理珠のIF編ということで楽しく読ませていただきました!面白かったです!大学生になり関城とルームシェアを始めた理珠。この二人大学生になっても仲良いんですね…てぇてぇな。クリスマスからあるゲームを続ける成幸と理珠。二人きりの時は名前を呼び合ったり、手を握ったり…なんだこの初々しいカップルは。はよ付き合え。理珠編と言いつつも、関城さんもなかなかの活躍っぷりでしたね。家庭に問題を抱えながらも理珠のために明るく振る舞う。でもそんな関城を理珠が助ける。二人の友情は本当にお互いのことを信頼し合っているのだなと感じました。そして成幸と理珠。後半に行くにつれて急接近していく二人の関係は…なんかすごくドキドキしましたね…最後の学校でのシーンは青春っぽさが抜群かつ大学生の二人があの場所であんなことをする背徳感もあり…ドキドキします…理珠編楽しく読ませていただきました!キャラ A大学生になってちょっと?大人っぽく、色っぽくなった理珠ちゃんにドキドキでしたね。二人きりの時に成幸のことを名前で呼んで、手を繋いで甘えてみたり…かわいいところたくさん見

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました