依存してる

小説の書評と感想
Amebaブログをはじめてかれこれ15年くらいになるのかな。途中、ピグもやってた時期があるし、今はアベマTVも見ている。Amebaにはずいぶんお世話になっている。  その中でも、アメブロにはかなり依存していると思う。 自分ブログを書くのもそうだし、他の人ブログ記事もめちゃくちゃ読んで(見て)いる。  フォローしているブログはもちろん、「いいね」してくれた人のブログ、「コメント」してくれた人のブログ、アメトピに載っているブログ、「あなたにおすすめの」ブログ、ハッシュタグで検索したブログ……  Amebaにどれだけの時間を費やしているのか、考えたら怖いくらいだ。 ブログを書いたり読んだりしていないときも、ラーメン食べに行けば「ブログ用に写真を撮ろう」と思い、本を読みながら「感想記事を書くとき、このセリフを引用しよう」と考えたりしている。  生活のあらゆる場面でブログネタになるか考えてしまう。  ほとんど、ブログ中毒なんじゃあないかと思う。  最近ではコメントの有無にも一喜一憂するようになった。  コロナ禍で外出や会食やらを控え、リアル世界での人間関係がますます希薄になっていくなか、家族以外との外界への唯一の接点となっているからだと思う。 ニンゲンとの交流に飢えているのだ。  自問自答も妄想も得意だけれど、べつに孤独が好きなわけじゃない。引きこもり体質でめんどくさがりなだけで、人嫌いなわけじゃない

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました