雨、きまぐれ

小説の書評と感想
出先で大雨にあった。傘を持っていなかったわたしは慌ててドラッグストアで傘を買った。店員さんに「今すぐ使えるようにしてください」と伝え外に出た。雨が降っている。さそう。傘を開いたら、止んだ。そしてもう降らなかった。自宅に帰宅するまで傘を開かないまま、手に持って帰った。リビングに座ったら落雷。窓の外は大雨であった。さっき買った傘は濡れてもいない。……ラッキー………なのか?人気ブログランキング    にほんブログ村       
Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました