『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版

破局

第163回芥川賞受賞作私を阻むものは、私自身にほかならない。ラグビー、筋トレ、恋とセックス - ふたりの女を行き来するいびつなキャンパスライフ。28歳の鬼才が放つ、新時代の虚無。(河出書房新社)

ゾンビになったと思えば、痛みも悲しみも感じない。

仰向けになり、胸の上で両手の指をしっかりと組み合わせ、交通事故で死ぬ人間がいなくなればいいと思った。働きすぎで精神や体を壊す人間がいなくなればいいと思った。誰も認知症で子供の顔や名前を忘れたりしなくなればいいと思った。すべての受験生がこの春から望んだ学校に通えていればいいと思った。何かの夢に向けて努力している人間がいるなら、その夢が今日にでもまとめて叶えばいい。しかし祈った後で気づいたが、私は神を信じていない。私の願いなど、誰も聞いてはくれないだろう。 (本文より)

(芥川賞) らしいものを読まされた - そんな感じがします。あたり前のことが、あたり前のように書いてあるのに、とてもあたり前には思えません。

書いてある “あたり前” に感じる言い様のない違和感 - それはもう不快感といっていいでしょう - の正体とは一体何なのでしょう? 素直に受け入れられないのには、どんな訳があるのでしょう。

主人公が取る態度やする行動が、あるいはそのときどきの思考のあり方が、あまりにストレートなために、かえって腑に落ちません。もしも全部がわざとでないとしたら、その一々を、どう受け止めればよいのでしょう。どう感じろと? 

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました