「いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら」永菜葉一 MF文庫J

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは永菜葉一さんの「いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら」です!ストーリー A内容は、何かあればすぐに暴力を振るう父親の元でなんとか妹と暮らしている柊海人。中学生の頃からバイトに明け暮れなんとか今の日常を維持していた。しかしそんな彼にも限界が…そこで出会ったのは神楽坂朱音という名家のお嬢様。彼女は自分の人生に境遇に絶望する海人に向かって小説を書けという。朱音に気に入られた海人は次第に小説を書く楽しさにのめり込むようになる。そしてある日、天谷浩太という朱音が気にかける後輩の存在を知りライバルとして意識するように。そして朱音が部長を務める彩嶺高校文芸部で出会った海人と浩太はMF文庫J新人賞に挑むことになるが…とこんな感じです!〜青春の全ては先輩と小説〜永菜葉一さんの新作!個人的に「インスタント・ビジョン」という超最高傑作から応援している作家さん。永菜葉一さんの作品は全部面白いんですよ…マジで…閑話休題。さて今作は青春ものとライトノベル作家ものを組み合わせた作品になってますね。まず言わせてください…この作品めっちゃ面白いです!待ってました!こういう熱い青春もの!小説に全てをかけて、大切な人を振り向かせるため手に入れるために男と男の感情と友情がぶつかりあう!最高じゃないですか!読んでいてすごく熱くなれた青春ものでした!すごく面白かったです!暴力を振るう父親とかわいい妹の3人で暮らす海人。父親はたまにしか家に帰って来ずに、帰ってきたら浩太や妹を殴るクズ男

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました