『不思議とお金に困らない人の生き方』(祥伝社) – 著者: 本田 晃一 – 祥伝社による内容紹介

書評総合

『不思議とお金に困らない人の生き方』(祥伝社) 著者:本田 晃一
毎日頑張ってるのに、全然お金が入ってこない…。なぜだかお金が貯まらない。それなのに、世の中にはなぜいつもお金に恵まれている人がいるんだろう?何が自分とは違うんだろう――。そんなふうに思ったことはないでしょうか? もしかしたら、お金に関してうまくいかないその原因は、スキルや能力ではなく、根本的なマインドにあるかもしれません。では、幸せなお金持ちだけが持っているマインドとはどんなものなのでしょうか?本書では、かつて8億円の借金を経験しながらもそれを返済し、その後、日本一の個人投資家・竹田和平さんを始めとした幸せなお金持ちから帝王学を学んできた著者が、自然と幸せに豊かになれちゃうウソのようなホントの話をお届けします。 本は物語スタイルで進んでいきますが、今回の記事では、特別に一部の要素を抜粋して、内容についてご紹介します。 
お金と仲良くなるには、まず「慣れ」と「使い方」
もっとお金に「慣れ」よう!
お金と仲良くなる秘訣、その第一歩は「慣れること」です。とはいえ、いきなりそう言われても、ピンとこないかもしれません。それに、「いつもお金には触れているけど……」と思うかもしれません。 では、そんな人に聞きます。本気で想像してみてください。「あなたは、100万円を財布に入れて、平然と出歩けますか?」 どうでしょうか? 最近は、電子マネーも多いですが、試しにATMで100万円を下ろそうとしてみてください。心がざわつきませんか?「盗られ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました