「異世怪症候群 」最東対地 星海社FICTIONS

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは最東対地さんの「異世怪症候群」です!ホラー作家・最東対地さんの新作。オクソラケイタさんの素晴らしいイラストにも惹かれて購入。五つの短編からなるホラー短編集として楽しく読ませていただきました!面白かったです!以下各話のざっくりとしたあらすじと感想です。ポストの村妻と結婚したものの、一度も妻の実家に顔を出していなかった夫。彼はようやく念願叶って妻の実家のある上鶴子村を訪れる。赤が忌避されるその村で妻が子どもを作るためと監禁されることになるが…とにかく吸い込まれる怖さがありました。最初の一編目ということでどんなものかと思っていたら…やられました…神隠しをモチーフにしているのですが、とにかく視覚的に吸い込まれる。読んだら戻ってこれない。なのに読み進めてしまう。そんな怖さがありました。妻が閉じ込められていたはずなのに最後は…というラストも衝撃的でした。『ん』の車酔い潰れた乗客がなんとか捕まえたタクシー。少し遠くの目的地を告げると、運転手に高速道路は使いたくないと言われる。それでもいいから高速道路を使えという乗客に運転手が告げたのは出会うと必ず死ぬ<おしへん>という付けられるはずのないナンバープレートをつけた車の都市伝説で…高速道路の都市伝説と深夜の高速道路という本能的に怖さを抱く要素を組み合わせた作品。これは終盤で人間の人間らしさというか、欲に塗れた自己保身感が出るのが非常に良かったですね…いや怖いんですけど…そして最後ですよ…果たして乗客はどうなってしまったのか…カ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました