室生犀星「名園の落水」を読む

小説の書評と感想
 Kindle本「室生犀星作品集」より、エッセイ「名園の落水」を読み了える。 先の8月27日の記事、「みずうみ」を読む、以来である。
 「名園の落水」は、初め前田家の家老だった本多氏の庭を巡る。当主は住んでいず、取次の案内を受ける。庭は荒れている。 総檜の屋敷や、100畳の部屋も見せてもらう。 それから兼六公園へ向かう。落水の脇のお亭でひと休みし、芥川龍之介を思う。曲水に感嘆している。落水を「公園で一番いいところ」と思って佇む。 庭を造り、世話することが道楽だった犀星らしい、エッセイである。庭造りに関心のない僕には、深い感慨はわからない。 底本の親本、新潮社「室生犀星全集 第3巻」1966年・刊。写真ACより、「日本庭園」の写真1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました