「わたしのあかちゃん」~お月さま絵本その15~

絵本の書評と感想
  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚  こんにちは。ひだまり絵本館 花梨こと香川ミカです。  満月の日にお気に入りお月さま絵本のことを書いています。  (正確には、書こう!と思った時 だけ・・・ですけどね)   ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚  明日は満月。 今回は、お月さまの絵本ではないけれど、表紙に満月の描かれているこちら  わたしのあかちゃん (かがくのとも絵本)Amazon(アマゾン)1〜3,593円  「わたしのあかちゃん」  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚   あかちゃんが産まれたそのときから生まれてからの4日間、母子の濃密な関わりが丁寧に描かれています。  「わたしたち」から「わたし」にわかれる瞬間の緊張。  でもおなかとおなかをくっつけての抱っこ、お母さんのにおい、あたたかなお湯での沐浴、おむつをかえてもらっていつまでも繋がっている安心感につつまれるあかちゃん。  お母さんは、なかなか出ないおっぱいに焦ったりもするけれどでも、大丈夫。  この時のお母さんにとってあわてずに、はげましてくれる

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました