美内すずえ傑作選 魔女メディア 人形の墓 ビクトリアの遺書

小説の書評と感想
初期の作品集。恐怖の場面でギャグ顔することがままある。怖がらせたいのか笑わせたいのかわからない独特のセンス。『魔女メディア』の絵柄が好きだなあ。1970年代中頃から1990年代くらいの絵が好き。表題作『魔女メディア』と『ビクトリアの遺書』はどちらも過去の怨念が少女に悪夢となってあらわれ、憑依するおはなし。牡羊座の元ネタ、黄金の羊毛を刈り取るクエストの手助けをしたことで有名なギリシャ神話のメディア(メーデイア wiki )をモデルにしている。『魔女メディア』は名前だけ拝借し、吸血鬼 血の伯爵夫人 と評されたエリザベート・バートリ(バートリ・エルジェーベト wiki )からエピソードをとっている。血の湯浴みシーンは無かった。残念。悪魔・魔女の印ブラックスター(五芒星)が額にあるっていうのは目立ちすぎると思う。隠れるところにつけてあげようよ。美内すずえキャラ安定の鈍感ぶり。いったいどこに……?じゃない。なぜ額の部分をぬりつぶしてあるんだろう?ってさっき自分で言ってただろ。  『ビクトリアの遺書』では王様殺害未遂の手段が毒であることがメディアっぽい。※メディアは魔法薬や毒が得意 ただしこちらは冤罪で、現世に蘇った理由がただ幸福になりたかっただけという憐れなものだった。  ナナは現代的な明るい楽しい女の子。オスカーに片思いしているが振り向いてもらえない。 しかし威厳のあるビクトリアが憑依したナナに、オスカーはふしぎな魅力を感じて惹かれるようになる。やった!両思い!と喜ぶナナだが、オスカーの気持ちはナナに向けら

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました