『東大塾 現代アメリカ講義: トランプのアメリカを読む』(東京大学出版会) – 著者: – 矢口 祐人による前書き

書評総合

『東大塾 現代アメリカ講義: トランプのアメリカを読む』(東京大学出版会)
トランプのアメリカはどこへ向かうのか? 2020年の大統領選挙はトランプの再選となるのか? 東大発・社会人向け連続講座「グレーター東大塾」を書籍化した『東大塾 現代アメリカ講義』では、反知性主義,人種,ジェンダー,メディアなど,いまのアメリカの現実を、気鋭の研究者たちが多角的な視点から分析しています.本書の「まえがき」を特別公開いたします。
トランプのアメリカをよむ
ドナルド・J・トランプ(1946─)は、もともとはニューヨーク市などで不動産業やホテルなどを経営するビジネスマンで、1980 年代からその派手な私生活や破天荒な発言で頻繁にタブロイド紙やテレビの娯楽番組などに登場していた。大統領選に出る前には「オマエはクビだ!」(You’re Fired)というテレビのリアリティ番組のパーソナリティとしても有名だった。とはいえ、トランプが政治家になるとはほとんどの人は思っていなかったし、ましてやアメリカ合衆国の大統領になるなどとは本人ですら考えていなかっただろう。 2016 年の大統領選挙を目指して、共和党の予備選に出馬をした際も、たいていの専門家は目立ちたがり屋の売名行為としかみなしていなかった。トランプには政治の経験や知識もないし、具体的な政策もない。世界を取り巻く国際関係情勢のこともわかっていない。選挙キャンペーンでは対立候補の思想や政策のみならず、容姿や性格までをひたすら罵倒するだけで、世界の大国を率いる大統領にはまったくふさわしくない姿だった。しかし予想に反して、トランプは共和党の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました