『絵本画家 赤羽末吉 スーホの草原にかける虹』(福音館書店) – 著者: 赤羽 茂乃 – 赤羽 茂乃による自著解説

書評総合

『絵本画家 赤羽末吉 スーホの草原にかける虹』(福音館書店) 著者:赤羽 茂乃
本作は、今年で生誕から110年を迎える絵本画家・赤羽末吉さんの仕事と生涯を振り返る評伝。末吉さんの三男・研三さんの妻で、赤羽末吉研究の第一人者でもある赤羽茂乃さんが、戦前・戦中・戦後を力強く生き抜いた末吉さんの人生を、豊富な資料、そして家族ならではのエピソードを織り交ぜながら綴った一冊です。このエッセイでは、茂乃さんが、末吉さんの「好物の味」を振り返りながら、末吉さんの歩んだ道、そして、初めてあったときの思い出を語ってくださいました。
思い出は、濃いカルピスと大福? の味赤羽茂乃
義父、赤羽末吉は渡り蟹が大好物だった。まっ赤に茹であがった蟹を、「この磯の香りがいいねえ」と言いながら、さもおいしそうにしゃぶっていた。義母の話によれば、ワタリガニは旧満州(現中国東北部)大連の味だそうだ。渡り蟹だけでなく、義父の好物は人生と何らかの関わりを持っているように思われる。カツカレー、あんみつ、人形焼き、干し山査子、小籠包、水餃子、天津甘栗、グレープフルーツ等々。それらは義父が歩んできた人生の折々に出会い、喜びや楽しさと共に義父の記憶に強く刻まれる味だったのではないだろうか。赤羽末吉は1910年、神田に生まれた。それ以来、江戸の風情を残す東京、下町で青年期までを過ごすのだが、その時期にわくわくしながら味わったのが洋食、カツカレーであり、貧乏暮らしの中でしみじみおいしいと感じたのが、夕飯代わりの人形焼きやたい焼きだったのだろう。養子に出され、東京での暮らしは義父にとって辛いことも多かった。だが、22歳で旧満州に渡

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました