寝不足は意志の力と体力をあっという間に枯渇させる [エッセイ]

書評総合
僕は睡眠にすごくこだわっていて、眠るのが上手というか得意だ。
何もない日は22時前には寝てしまい、ぐっすり8時間眠る。
最初からこんなに上手に眠れていたわけではない。
サラリーマン時代は5時間台の睡眠で夜更しな生活をしていた。
そこからちょっとずつ10年以上かけて改善して、いまの形になった。
そんな僕だが、昨夜の睡眠はいつもと調子が違った。
22時過ぎに眠ったのはいつも通りだったのだが、23時過ぎに目が覚めたのだ。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

上の画像はApple WatchとiPhoneで連携して動くAutoSleepというアプリの昨夜の睡眠分析。
23時台、そしてそのあと1時台にも覚醒している。
2回ともトイレに行ってまた眠ったのだが、そもそも眠る前にトイレに行ったのにこんなに何回もトイレに目覚めることは珍しい。
睡眠について学んだ人ならご存知だろうけど、人間の睡眠は約90分周期で回っている。
22時に眠った場合、だいたい23時30分くらいまでの90分が「徐波睡眠」と呼ばれる最初の深いノンレム睡眠になる。
そのあと90分程度のレム睡眠があり、また90分深いノンレム睡眠があり、を繰り返していく。
中途覚醒で夜中や明け方に目が覚めることはあるが、だいたいレム睡眠のときにふわっと自然に目覚めてトイレに行き、ベッドに戻ったらまたすぐ眠ってしまう。
そういう中途覚醒が1回あって

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました