夏の海は毎年これでいい [エッセイ]

書評総合
2020年の鎌倉の海は異例尽くしの状態となっている。
コロナの影響で海水浴場が設置されていない。
海の家も一軒も出ていない。
だから海水浴客もほとんどいない。
まさに異例尽くしの夏だ。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

海水浴場がなくて困っている人も多いだろう。
海の家を毎年出していた飲食業の人とかも売上が減ってしまって泣いているかもしれない。
でも僕は今年の海がとても好きで気に入っている。
毎年このままでいいと思っている。
何がいいって、まず人が圧倒的に少ない。
海の家がなくても泳ぐことはできる。
でも泳ぐためには水着に着替えなくてはならないし、ビーチには日陰がまったくないので、パラソルやテントを自分で持ってこないといけない。
今年の夏海に来ている人は、サーファーなどマリンスポーツをしに来ている人達。
あとは自前でテントを持ってきて設営し、中で着替えたり日陰を作ったりできるようにしている、比較的ガチなアウトドア派の人達だ。
アウトドアに慣れている人達はゴミをビーチに散らかして帰ったりしない。
タバコの吸い殻をまき散らしたりもしない。
夜中にデッカイ音で音楽を鳴らしたり花火を打ち上げたりして騒がない。
 
そして海の家がないから仮設トイレがずらっと並ばないから、今年は国道が臭くない。
例年は国道沿いは海の家の裏側に当たるため、夏の間ずっとトイレの臭いがして嬉しくなかっ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました