『平安貴族』(平凡社) – 著者: 橋本 義彦 – 高樹 のぶ子による書評

書評総合

『平安貴族』(平凡社) 著者:橋本 義彦
史料を残した生身の人間への想像力
著者は平安貴族の制度や政治構造の研究に生涯を費やし、後の歴史家の信用も極めて篤(あつ)い学者。宮内庁の書陵部に籍をおき、漢文資料にあたり、皇室制度を調べた。平安の宮廷と貴族の専門家である。この本は、平安貴族がいかにして生まれ、支配階級として機能し、やがて摂関政治へと移行し、院政がどのようにして出来たのかなど、一般人が読んで理解できるギリギリの深さと詳しさで記されている。むろん、専門家にとっても史料的な役割を果たす一冊でもある。貴族たちの日常も、主に『源氏物語』の時代を中心に書かれているが、まずは当時の社会の構造、推移を知っておくための、貴重な一冊と言っていい。著者はすでに故人となり、かつて書かれた本を、令和の時代にあらためて出版されたのが本書である。一行一行、一字一句まで、生涯の研究成果が凝縮されて入っているので、決して読みやすくはないが、それゆえ、一滴の水を垂らせばたちまち蘇って、平安貴族の風景が立ち現れてくる。この時代の貴族は、官僚の本質を忠実に備えていて、日記を良く書いた。むろん漢字で記されている。早朝起き出した官僚たちは、さまざま朝の日課や身仕度を済ませたあと、「昨日の事を記す」のが習慣となっていた。朝廷の儀式や故事を、後日の備えとして記録しておく律儀さ。これが公家日記として現代まで数多く残され、学者たちの歴史史料となっている。平安の日記と言えば、『蜻蛉日記』『紫式部日記』『更級日記』などなど、女房文学として後世に文芸の花を残しているけれど、男性貴族たちこそ、膨大な日記を書き残したのである。た

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました