佐佐木定綱・歌集「月を食う」を読む

小説の書評と感想
 佐佐木定綱の第1歌集「月を食う」を読み了える。 購入の次第は、今月18日の記事、3冊を買うにアップした。
 2019年10月31日、角川書店・刊。330首、著者・あとがきを収める。 俵万智と皆川博子の帯文、島田修三と小島なおの栞文を得ている。 歌壇の重鎮・佐佐木幸綱の次男でありながら、その威光に頼ることなく、食堂店員、書店員として働いている。しかし職業は、汚いものであったり、意に染まない本を売らねばならなかったりする。 失恋に泣いたり、幼い恋をしたり、同居(同棲?結婚?)したりする。厳しい生活をしながら、良家に育った上品さは失わない。 若さゆえに、父の威光を借りることを嫌ったのだろうが、僕は職に関して、借りれば良いと思う。僕の定年・再任用までの職もそうだった。 なおこの歌集で、彼は第64回現代歌人協会賞を得た。 以下に7首を引く。道端に捨てられている中華鍋日ごと場所替えある日消え去る口の端の薄きしょっぱさ朝焼けよこりゃあなんだよ誰が泣いてる二十円引きのエクレア買ってきた君はひと口無料でくれる日本語のない安すぎる缶詰とアサヒビールのプルタブを引く友だちの受けしパワハラ聞きながら上手にホッケの骨をとれるかな本や家具、君の笑った声などを詰め段ボール笑いはじめる買われずに返品されてゆく本が夏の陽射しに熱持ち始む

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました