『警視庁草紙〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈1〉』(筑摩書房) – 著者: 山田 風太郎 – 高橋 源一郎による書評

書評総合

『警視庁草紙〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈1〉』(筑摩書房) 著者:山田 風太郎
山田風太郎と「明治小説」の楽しみ
楽しみにしていた山田風太郎の「明治小説全集」(筑摩書房)の刊行がはじまった。全集のスタートは『警視庁草紙』。時は明治六年から十年にかけて、征韓論にやぶれた西郷隆盛が東京を出立するところから物語ははじまる。ご一新によって出来上がった新政府と新都東京を舞台に、警視庁の面々とかつての警視庁、江戸南町奉行所の元奉行、元同心、元岡っ引きたちが対決する事件の数々は滔々たる流れとなり、遠ざかってゆく江戸への挽歌となるのだが、この作品のいちばんの楽しみは細部にあるようだ。
格子の向うで、蒼白い顔にかすかにあばたのあとのある子供は、利口そうな眼にいっぱいに恐怖のひかりをたたえていった。『鬼ごっこみたいにめかくしされたひとが……雨のなかを。そのまえに、ボロボロのこじきが、たくさんあるいていったよ。……』そうであったか、盲人の大名小路はここであったか、と千羽兵四郎は茫然として、銀灰色の蒸気の中にけむるがらんどうの遊女町を見わたした。『こら、女の子、ここはどこだか知ってるか』『おうもん』『なんだい、それ……おまえなにしにここへきたんだ』『おいやん』『おまえ、おいらんになりにきたのか。ばか、なんて名だい』『あたい、ひぐち、なちゅ』(「幻談大名小路」)
このあどけない会話を続けているのは数え年八歳の夏目漱石と同じく三歳の樋口一葉である。そして、「春愁 雁のゆくえ」のこんな一節。
――萩から密使の秘命をおび

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました