「クラスのお嬢様たちはえっちなオモチャに興味津々です 1」秋月月日 富士見ファンタジア文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは秋月月日さんの「クラスのお嬢様たちはえっちなオモチャに興味津々です 1」です!ストーリー A内容は、ある日とんでもない美少女・流南がエロ本を読んでいる姿を目撃してしまった瑞希。周囲から注目を集める彼女を助けようとした際にある体質が発覚する。それは流南が持つ魅了と呼ばれる能力が効かないというものだった。その体質を見込まれた瑞希はお嬢様学校・散華学園に転入させられ同じ体質を持つ少女たちの教材としてえっちな実習に強制参加させられることに!しかし興奮したら電撃が流れる装置を埋め込まれたせいで過度な興奮は命とり!美少女たちとのえっちな学園ラブコメの開幕!とこんな感じです!〜お嬢様とたくさんえっちなことができます!でも興奮禁止!〜秋月月日さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんです。清々しいくらい作者さんの性癖とエロが詰め込まれたエロコメでした!面白かったです!まず序盤。開始四行でめっちゃ笑いましたw 作者の秋月さんはTwitterで目隠れ美少女好きを公言しているわけですが、そんな目隠れ美少女がエロ本お読んでいるというシチュエーションをいきなりぶち込んでくるなんて…さてはこの作品作者の性癖しかないですね(※作者の性癖しかなかったです)。そんな目隠れ美少女の流南をちょっとしたピンチから助けた?ことで特殊な体質が発覚し、瑞希はお嬢様学校の散華学園に強制転入させられることに⁉︎しかも流南と同じく魅了体質を持つ生徒が集まる学校で、えっちな教育の教材として扱われることに!魅了の能力

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました